小笠原を訪れる方へ
For Visitors

外来種対策のお願い

他の陸地と一度も繋がったことのない小笠原諸島に生息する生き物は、外部の影響をとても受けやすい進化を遂げています。
今、小笠原にしかいない固有の生き物たちは、外来種に食べられたり、すみかを奪われたりして、数を減らしています。

小笠原の生態系に悪影響を及ぼすおそれのある外来種を持ち込まないため、小笠原を訪れる一人一人の注意が必要です。

本土からおがさわら丸に乗るとき、父島からははじま丸に乗るとき、島での滞在中など、以下のことにご協力をお願いします。

※ガイドツアーやダイビングなどで南島等の無人島に行く場合は「父島、母島での滞在中」をご覧ください。

本土からおがさわら丸に乗るとき

本土からおがさわら丸に乗るときには、植物や動物、土や土のついたものをできるだけ持ち込まないよう、ご協力をお願いします。

◆荷物のチェック

外来種となったり、外来種が紛れ込む可能性のあるものは、次のような荷物です。
できるだけ小笠原に持ち込まないことが一番ですが、持ち込む場合には取扱に十分注意してください。

①ペットなどの動物、昆虫、熱帯魚

ペットが逃げ出すと、小笠原の生き物を襲うなど小笠原の自然に悪影響を及ぼす恐れがあります。
小笠原村では、令和3年4月より「小笠原村愛玩動物の適正な飼養及び管理に関する条例(通称、ペット条例)」を施行しています。
ペットを持ち込む場合には、必ずご確認ください。

小笠原村愛玩動物の適正な飼養及び管理に関する条例(外部リンク)

②植木、苗、種、切り花などの植物

植物自体が外来種となったり、ポットの中や葉などに外来種が紛れ込んでいることがあります。
虫や植物の種などが付いたり、土に混ざったりしていないか確認し、取り除きましょう。

③その他の荷物(特に木製のもの、車両や土の付きやすいもの)

木製のものや車両などの土の付きやすいものには、外来種が付いていることがあります。
虫や植物の種などが付いたり、土に混ざったりしていないか確認し、取り除きましょう。

◆靴底の洗浄

竹芝客船ターミナルと父島の港には、ニューギニアヤリガタリクウズムシや新たな外来種を持ち込まないよう、靴底の泥を落とすためのマットが設置されています。
乗下船時の靴底洗浄にご協力をお願いします。

父島からははじま丸に乗るとき

父島では、小笠原固有のカタツムリが外来種のニューギニアヤリガタリクウズムシ(プラナリア)に食べられて、絶滅の危機に瀕しています。
母島には、このプラナリアがまだ持ち込まれておらず、固有のカタツムリが多く残されていることから、父島から母島へ移動する際には、このプラナリアを移動させないことが重要となります。

◆荷物のチェック

本土からおがさわら丸に乗るときと同様に、荷物のチェックをお願いします。
特に父島で使用した靴や三脚など、土が付いているものについては、もう一度丁寧にチェックしましょう。

◆土付き苗の温浴

土付き苗の移動に伴う母島への外来種侵入を防ぐため、環境省では令和2年度より「ははの湯(母島植物温浴設備)」の暫定運用を開始しました。

土付き苗を母島に持ち込む際には、こちらをご覧いただいた上で、事前に環境省へご連絡ください。

◆靴底の洗浄

父島と母島の港には、ニューギニアヤリガタリクウズムシや新たな外来種を持ち込まないよう、靴底の泥を落とすためのマットが設置されています。

本土からおがさわら丸に乗るときと同様に、乗下船時の靴底洗浄にご協力をお願いします。

父島、母島での滞在中

父島や母島では、外来種を山の中や別の島へ広げないための対策が行われています。

◆衣服や靴、荷物のチェック

父島や母島の歩道の出入口には、衣服や靴、荷物にくっついた小さな虫や種、土を落とすための粘着ローラーやマット(外来種除去装置)が設置されています。

衣服や靴、荷物に虫や植物の種などが付いていないか確認するとともに、外来種除去装置を活用して外来種を取り除きましょう。

また、ガイドツアーやダイビングなどで南島などの無人島に渡る際には、グリーンアノールなどが紛れ込んでいないかよく確認しましょう。

◆外来種を見つけたら

野生生物は感染症を持っている可能性があります。また、小笠原は広い範囲が国立公園に指定されており、動植物の捕獲・採取等が禁止されているエリアもあります。

見慣れない生物を見つけたら、むやみに触らず、環境省へご連絡ください。

また、衣服や購入品等に見慣れない生物が紛れていた場合には、密閉できる袋に入れて焼却処分するなどして、野外へ拡散させないようにしてください。

【連絡先】

父島:環境省小笠原自然保護官事務所(小笠原世界遺産センター内)04998-2-7174

母島:環境省母島自然保護官事務所 04998-3-2577

MAP