トップページ > 自然を守る取り組み

自然再生とは

自然再生とは、過去に失われた自然を積極的に取り戻すために様々な取り組みを行うことです。

今どんな問題があるの

1830年の入植後、様々な動植物が外部から持ち込まれたり侵入した結果、小笠原本来の種の絶滅や生態系の撹乱といった重大な危機に直面しています。
小笠原の生物は外来種から身を守る方法を知りません。例えば、島の植物種には、ヤギなどの草食獣の摂食圧に対抗する棘(トゲ)な どの物理的防御や、毒のような科学的防御機能を持つものが少ないです。小笠原の特異な生態系は、外来種に対して極めて脆弱なのです。

グリーンアノール

何をしないといけないの

人と自然との共生を図りつつ、侵入した外来種による影響を最小化し、小笠原本来の生態系にできるだけ戻していくことが大切です。

コヘラナレン

どのような事をしているの

絶滅に瀕している小笠原固有の種の保護・増殖や、新たな外来種の侵入防止、既に侵入し生態系への影響が特に大きな外来種の駆除など、様々な取り組みがなされています。

ノヤギ