トップページ > 世界自然遺産としての価値 > 小笠原の価値を守るために

小笠原の価値を守るために

管理の体制

小笠原諸島の自然環境の保全・管理を適正かつ円滑に実施するためには、関係行政機関や島民等の関係者の間で適切に役割分担をし、緊密に連携・協力していくことが必要です。

そのため、小笠原諸島の保全・管理は、地域連絡会議での密接な連携・協力体制のもとで進めるものとします。同時に、科学的なデータを基礎とする順応的な保全・管理を行うために、科学委員会からの助言を得て実施していきます。



検討体制及び各種計画の関係概念図