トップページ > 追加情報

追加情報

IUCNへの追加情報の提出

世界遺産一覧表への記載について推薦している「小笠原諸島」について、評価機関である国際自然保護連合(IUCN)から平成22年9月14日付けの書簡で、推薦区域の境界線の変更や外来植物の分布に関する指摘と追加情報の要請がありました。環境省、林野庁、文化庁、東京都及び小笠原村は、この要請を受けて、地元の利害関係者や科学委員会の専門家と調整し、書簡への回答と追加情報をとりまとめ、IUCNに提出しました。

→ 回答(日本語)(PDF:211KB)

→ 回答(英語)(PDF:69KB)

→添付書類一覧

IUCNからの追加情報要請

平成22年7月1日から15日にかけて、世界遺産委員会の諮問機関である国際自然保護連合(IUCN)のアジア地域事務所のピーター・シェイディ氏とナオミ・ドーク氏が来日し、推薦地の現地調査を実施しました。

この現地調査の結果を踏まえ、平成22年9月14日に、小笠原諸島の推薦に関する追加情報の提出要請について、IUCN本部(スイス)から外務省ユネスコ代表部大使宛に書簡が送付されました(別紙1「書簡」及び別紙2「書簡仮訳」参照)。

→ 別紙1 書簡(PDF:66KB)

→ 別紙2 書簡仮訳(PDF:145KB)